8K舞台映像フェスティバル2024

2024年1月 東京・大阪・福岡にて開催❕

8Kで撮影された名作舞台を集めた、「8K舞台映像フェスティバル」を2024年1月に東京・大阪・福岡で開催します。

日本を代表する演劇作品を、臨場感たっぷりに生舞台を再現可能な高精細8K映像でお届けします!!

今回の作品は、ミュージカル『四月は君の嘘』(2022年上演、製作:東宝/フジテレビジョン)、『闇に咲く花』(2023年上演、製作:こまつ座)、ミュージカル『KANO ~1931 甲子園まで2000キロ~』(2023年上演、製作:坊っちゃん劇場)の3作品です。

ロングショット・カット割りなしの高精細映像により、生舞台と同様の奥行きある舞台を楽しめます。役者の細かい演技や表情も楽しめるため、リピート視聴にもオススメです。

ぜひ世界で類のない《8K舞台映像》をご堪能下さい。

 

上映作品

ミュージカル『四月は君の嘘』

製作:東宝/フジテレビジョン

© 新川直司/講談社

ブロードウェイ・クリエイター×日本の若き才能により2022年5月~7月に上演されたミュージカル『四月は君の嘘』が、8K映像化!

原作は、講談社「月刊少年マガジン」にて連載された新川直司の人気コミック(全11巻)。2012年度マンガ大賞にノミネートされ、2013年には講談社漫画賞少年部門を受賞。その後、フジテレビにてTVアニメ化、さらには実写映画化もされ大ヒットを記録しました。

音楽家の卵たちが、大切な人との出会いと別れを通してその才能を開花させていく、普遍的な人間愛と音楽の魅力が詰め込まれたこの名作を、『ジキル&ハイド』『デスノート THE MUSICAL』などを手掛けるミュージカル界の巨匠、フランク・ワイルドホーン全曲書下ろし楽曲により世界初演ミュージカル化!

訳詞と演出にミュージカル『キューティ・ブロンド』『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』の上田一豪、脚本にはジブリ映画『かぐや姫の物語』、『メアリと魔女の花』共同脚本の坂口理子という豪華スタッフ陣でお届けします。

キャストには、小関裕太/木村達成(Wキャスト)、生田絵梨花、唯月ふうか、水田航生ほか、ミュージカル界の明日を担う逸材が集結!

今回は、有馬公生役:小関裕太バージョンと木村達成バージョンの2バージョンを上映します。

 

 

『四月は君の嘘』STORY

写真提供:東宝演劇部

確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝した神童・有馬公生は、指導者であった母の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなり、コンクールはおろかピアノに向き合うことからも遠ざかってしまう。その数年後の4月。高校生になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと出会う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ自由な演奏を聴いた公生の世界は、再びカラフルに色付き始める。

かをりは、好意を寄せる渡亮太との仲を椿に取り持ってもらい、渡と椿の幼なじみである公生とも行動を共にするようになる。やがて公生はかをりに好意を抱くようになるが、親友である渡に気を遣ってしまい想いを伝えることができない。そして椿はそんな公生の気持ちに気付き、また自身に芽生えた公生への恋心に思い悩む。

公生のことを”友人A”と呼びぞんざいに扱いつつも、自分のコンクールのピアノ伴奏を命じるなど、何かにつけて公生を音楽の世界に連れ戻そうとするかをりと、どんどんかをりに惹かれていく公生。しかし、公生が再び音楽の道に戻ろうとした矢先、かをりに大きな秘密があることを知る-

 

CAST&STAFF

小関裕太/木村達成(Wキャスト)

生田絵梨花

唯月ふうか

水田航生

ほか

 

原作 新川直司

(講談社「月刊少年マガジン」)

脚本 坂口理子

作詞・作曲 フランク・ワイルドホーン

作詞 トレイシー・ミラー/カーリー・ロビン・グリーン

編曲 ジェイソン・ハウランド

訳詞・演出 上田一豪

 

 

『闇に咲く花』

製作:こまつ座

©こまつ座

井上ひさし生誕90周年となる2024年。座付作者井上ひさしに関係する作品のみを専門に上演する制作集団「こまつ座」の作品が8K映像で登場です!

今回上映する『闇に咲く花』は、1987年に昭和庶民伝三部作の第二弾として初演を迎え(第一弾は『きらめく星座』、第三弾は『雪やこんこん』)、その後89年、99年、01年、08年、12年と再演されている作品です。

演出は、井上作品には欠かせない栗山民也。神主・牛木公麿に第27回読売演劇大賞男優賞受賞の山西惇。その息子・健太郎を「母と暮せば」で第73回文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞し、今飛ぶ鳥を落とす勢いの松下洸平が務めます。

日本人としての戦争責任の問いかけというテーマは、今の戦争体験のない世代に向けて再考すべき井上ひさしからの課題とも言えます。

本作は戦後の混乱を必死に生き抜く庶民の姿と、「記憶」をめぐって展開する物語から、日本人がなくした何かを教えてくれ、全編を彩るどこか懐かしいギターの音色は昨今のコロナ禍で疎遠になった「生」で体感することの意義を再確認させてくれるはずです。

いま、この物語を伝えたい。戦争を自身の「記憶」として持たない世代へ…。

重厚なテーマながらも、展開される会話には笑いあり涙あり。すっと心に馴染む悲喜劇としてお届けします。

 

 

『闇に咲く花』STORY

 写真提供:こまつ座

戦後復興ままならぬ日本の夏。

焼跡に舞い戻った伝説のエース投手。

彼が思い起こさせる、未来へ引き継がれるべき記憶と責任とは…。

 

ときは1947年、敗戦から2回目の夏。

舞台は神田、空襲で焼け落ち神社とは名ばかりの廃屋になりつつある愛敬稲荷神社。神主の牛木公麿は5人の未亡人の協力を経てお面工場を経営、もとい闇の売り買いに必死になって日々を生き延びていた。

ところがある日、戦死したと思われた一人息子の健太郎が帰還する。記憶を失ったまま捕虜収容所で 3年の時を過ごしていたが、かつて野球部で腕を鳴らしていた彼は野球をきっかけに記憶を取り戻す。プロ野球選手として輝かしい未来への再出発へ一同心躍らせた。しかしそんな中、GHQの影が忍び寄る―戦犯容疑にかけられ健太郎はショックで再び記憶障害に陥り、彼の記憶を呼び覚ますべく奮闘するが、その記憶の回復が意味することは…。

果たして彼の記憶は戻るのか、忘れてはならない「記憶」の物語。

 

 

 

CAST&STAFF

山西惇、松下洸平、浅利陽介

 

尾上寛之、田中茂弘

 

阿岐之将一、水村直也

 

増子倭文江、枝元萌

 

占部房子、尾身美詞

 

伊藤安那、塚瀬香名子

 

作 井上ひさし

 

演出 栗山民也 

『KANO ~1931 甲子園まで2000キロ~

製作:坊っちゃん劇場

©坊っちゃん劇場

2014年に台湾で映画化され、大ヒットとなった作品『KANO』が、日台野球交流100周年記念ミュージカルとして蘇りました。

坊っちゃん劇場第17作となる『KANO~1931 甲子園まで2000キロ~』は、日本統治下にあった台湾の無名高・嘉義農林学校(通称、嘉農“KANO”)が甲子園に初出場し準優勝を果たした史実を元にしたミュージカル。嘉義農林を率いた名将・近藤兵太郎を軸に、日本人・漢人・原住民の選手やその家族を巡る、友情・師弟愛・家族愛などが描かれています。

現在も、愛媛県東温市のGreat Sign 坊っちゃん劇場にて上演中のこの作品ですが、2023年8月4日(金)~8月15日(火)には台湾キャストも参加し【台湾スペシャルステージ】として実施されました。

今回は、この【台湾スペシャルステージ】バージョンを8K上映いたします。

脚本は羽原大介、演出を錦織一清、音楽監督・作詞・作曲を岸田敏志が担当。

監督の近藤兵太郎役を大浦龍宇一が演じるほか、陳希瑀(キミ)、鍾政均(ショウ・セイキン)、江明娟(エリカ・チャン)の台湾キャスト3人も参加しています。

舞台上で繰り広げられる野球シーンなどは必見です!

なお本作『KANO』は、繁体字字幕付きでお届けします。

 

 

 

 

『KANO ~1931 甲子園まで2000キロ~』STORY

写真提供:坊っちゃん劇場                 

1930年、かつて松山商業を6度の甲子園出場に導いた名将・近藤兵太郎は、日本統治下の台湾で嘉義農林学校の野球部監督に就任する。

嘉農野球部は、漢人、原住民族、日本人の三民族混成チーム。それぞれ家庭の事情や青春の悩みを抱えつつも「みんなで甲子園に行こう」を合言葉に猛練習に励む。当初は監督就任を快く思っていなかった近藤の妻や娘も、熱血指導する兵太郎、ただひたすらに甲子園出場を夢見て頑張る選手達と接するうちに嘉農野球部の応援団となって行く。

一方、選手の親たちは「球遊びより野良仕事を手伝え」と練習を妨害し選手らの足かせとなる。

やがて始まった全島大会、嘉農は次々と台北の強豪校を破り、遂に甲子園への切符を手にする。さらに嘉農の快進撃は本大会でも続き、なんと甲子園大会の決勝戦まで勝ち進んでしまった。

1931年、夏の甲子園大会決勝戦…。最後の決戦を前に、兵太郎は選手たちにずっと言えずにいた意外な真実を告げる。

果たして、兵太郎が嘉農野球部の監督を引き受けた本当の理由とは?恋と青春の全てを賭けた決勝戦の行方は?

運命のプレイボールが今、聞こえる!

 

CAST&STAFF

大浦龍宇一

陳希瑀(キミ)

鍾政均(ショウ・セイキン)

江明娟(エリカ・チャン)

脇山 尚美

近藤 貴郁、飯山湧一郎、黒田 智紀

梶 雅人、渡辺 輝世美、岡 智

佐藤 朱莉、山内 信人、小池 慈規、

鎌田 武蔵、音海 優那

 

脚本:羽原 大介

演出:錦織 一清

音楽監督・作詞・作曲:岸田 敏志

振付・ステージング:神在 ひろみ

 

 


公演グッズ販売決定

各会場にて『四月は君の嘘』と『闇に咲く花』の公演グッズを販売します。

◇『四月は君の嘘』コンセプトアルバム 3,500円(税込)

◇ the座№118『闇に咲く花』(公演パンフレット) 1,200円(税込)

◇『闇に咲く花』オリジナルTシャツ 3,500円(税込)

◇『闇に咲く花』オリジナルトートバック 1,500円(税込)

◇『闇に咲く花』公演記念缶バッジ(おみくじ入り) 500円(税込)

◇『KANO』Tシャツ黒・白 3,500円

◇『KANO』ユニフォーム 5,500円

◇『KANO』ブルゾン 4,000円

◇『KANO』タオル 2,000円

◇『KANO』関連書籍「台湾を愛した日本人Ⅱ」 2,420円

 

※商品によっては完売しだい販売終了となります。あらかじめご了承ください。

※販売時間は劇場グッズ売り場のオープン時間~劇場の最終上映開始時刻までとなります。

※お支払い方法:現金、クレジットカード( American Expressは不可)

※電子マネー(WAONのみ)※劇場でのチャージは不可 

2024/1/6(土)-1/7(日) 福岡会場「イオンシネマ福岡」 ※上映終了

 1月6日(土)   1月7日(日)  

  12:00~ミュージカル『四月は君の嘘』小関裕太Ver.

  12:00~ミュージカル『四月は君の嘘』木村達成Ver.
  14:50~『闇に咲く花』   14:50~『闇に咲く花』
  18:05~ミュージカル『KANO ~甲子園まで2000キロ~』   18:05~ミュージカル『KANO ~甲子園まで2000キロ~』

2024/1/12(金)-1/15(月) 東京会場「イオンシネマ板橋」 ※上映終了

 1月12日(金)   1月13日(土) 
  16:35~ミュージカル『四月は君の嘘』小関裕太Ver.   12:00~ミュージカル『四月は君の嘘』小関裕太Ver.
  19:30~ミュージカル『四月は君の嘘』木村達成Ver.   14:50~『闇に咲く花』
    18:05~ミュージカル『KANO ~甲子園まで2000キロ~』
 1月14日(日)   1月15日(月) 

  12:00~ミュージカル『四月は君の嘘』木村達成Ver.

  12:00~ミュージカル『四月は君の嘘』小関裕太Ver.
  14:50~『闇に咲く花』   14:55~ミュージカル『四月は君の嘘』木村達成Ver.
  18:05~ミュージカル『KANO ~甲子園まで2000キロ~』  

2024/1/20(土)-1/21(日) 大阪会場「イオンシネマ茨木」

 1月20日(土)  1月21日(日)

  13:00~ミュージカル『四月は君の嘘』小関裕太Ver.

  13:00~ミュージカル『四月は君の嘘』木村達成Ver.
  15:50~『闇に咲く花』   15:50~『闇に咲く花』
  19:05~ミュージカル『KANO ~甲子園まで2000キロ~』   19:05~ミュージカル『KANO ~甲子園まで2000キロ~』

※イオンシネマ福岡とイオンシネマ茨木には、より快適な劇場環境で作品を楽しめる「アップグレードシート」(鑑賞料金+500円/ワンドリンク付き)あり。

感染症等予防対策にご協力ください

・発熱、咳などの症状がある場合は、ご来場を控えていただきますようお願いいたします。

・会場には手指消毒剤が設置されています。

・会場は、法令に定める基準を満たした空調システムにより、換気されています。

・お客さまへのマスク着用のお願いは行いませんが、感染拡大時や混雑する場所ではマスク着用をお願いする場合がございます。